高品質EPAを中心に、12種の細胞膜強化成分を1粒に凝縮配合したマルチ型サプリメント

 品質と濃度にこだわって世界中から厳選したEPA(エイコサペンタエン酸)を中心に、12種類の優良素材を選抜して1つのサプリメントに仕上げたのが『サイマクE』。各素材同士が相乗効果を発揮するようにバランスよく凝縮された国内唯一の配合商品です。

EPAは細胞膜を形成し、抗炎症成分を生成する重要素材

 主役となるEPAは、人間の生命維持において必ず摂取しなければならない必須栄養素(必須脂肪酸)のひとつ。いま大注目のオメガ3脂肪酸に分類され、細胞膜の材料となります。

EPA(エイコサペンタエン酸)について詳しく知りたい方はこちら

DHAよりもEPAにこだわる理由は、根本的な働きとチカラの違い

 EPA+DHAの合計値=オメガ3値として評価する方も多いのですが、それは大間違い。EPAは特別な存在です。なぜならEPAからのみ抗炎症物質は体内生成されるから。DHAからは生成されないため、どれだけDHAを飲んでも、慢性炎症の沈静化に繋がりません。

 さらに、EPAからは体内でDHAに変換することができますが、その逆にDHAからEPAには変換されません。DHAの働きが必要な場合はEPAを摂取していれば必要に応じ体内生成可能。DHAと比較してEPAの方が圧倒的に強いのも納得です。

原料コストの安いDHAで誤魔化さない。あくまでもEPA含有量

 様々な研究で、DHAよりも圧倒的にEPAの方が重要であることが分かっています。しかし、原料単価は大幅にDHAの方が安いため、ついEPA+DHAの合算値で誤魔化そうとしてしまう傾向があります。『サイマクE』は1粒あたりEPA117mg含有。EPAの含有量にこだわり、その値だけ(DHAと合算せず)を公表しています。

EPAの極み。世界中から最良の原料を求めて

 EPAといっても原料の強さも安全性も同じなわけではありません。EPAは魚類由来が大半ですが、どの種類の魚か、どの海域で育ったか、凍結加工するまでの鮮度はどれくらいか、EPAの濃度はどれくらいか、炎症源となるアラキドン酸をどれだけ除去できるか。その全ての観点でこだわり、世界中から最高素材を探し出したのが『サイマクE』なのです。

重金属や環境ホルモン蓄積の少ない小魚だけに厳選

 一般的なEPA・DHAサプリは、マグロやカツオの食品加工で余った部位を原料とすることが多いのですが、大型魚類は重金属や環境ホルモンが蓄積されるため、毎日摂取する健康食品原料としては不適切といえます。そのため、『サイマクE』のEPAは、ペルー・チリ・モロッコ沖のピュア海域で水揚げされたイワシやサバなどの青物小魚に絞って原料化。さらに青物小魚はEPA濃度が高いのも嬉しい特徴です。

QualitySilver認証原料。鮮度が良いうちに加工するから素材力が強く、酸化されにくい

 魚類は鮮度の影響を大きく受けます。EPA・DHAは水産廃棄物を分析する過程で発見された経緯があり、いまだに加工工程で排出される資源ゴミを原料由来とするものが多く、鮮度品質の問題が危惧されています。『サイマクE』のEPAは原料原産地だけでなく、鮮度にもこだわり、水揚げから鮮度が良いまま加工するため、栄養品質が高いだけでなく、酸化に弱いEPAを極力守りながら粉末化。その製造工程は、世界的にも厳しい基準であるQualitySilver認証を受けています。

3倍濃度に高めることで炎症を起こすアラキドン酸の含有率を低下

 魚類には良質成分だけでなく、先に挙げた重金属・環境ホルモンの他に、”アラキドン酸”といった身体に炎症作用をもたらす物質も多く含まれます。炎症物質を摂取してしまうのは本末転倒。少しでも摂取を避ける必要があります。

 一般的な魚類のEPA濃度は20~25%程度ですが、『サイマクE』はEPA濃度を70%まで高めることで、アラキドン酸を始め不要な成分の含有量を極力少なくする特殊製造をしています。そのため、質の高いEPAだけを効率よく摂取可能することが可能なのです。

アスタキサンチンオイル(ヘマトコッカス藻抽出物)を1粒20mg配合

 アスタキサンチンは細胞膜を形成する重要な原料で、EPAとの同時摂取で相乗効果を期待できます。単体での抗酸化力も抜群に高い上に、脳内に入ることのできる特異な成分です。

アセロラ由来の天然ビタミンCで抗酸化

 ビタミンCは細胞膜の酸化を防ぎ、健全な細胞膜を形成する上で重要な役割を持ちます。一般的なサプリメントでは廉価な化学合成ビタミンC(アスコルビン酸)が使われますが、摂取し続けることへの不安から、サイマクEでは、天然型・非遺伝子組換え型のビタミンCを配合しております。

実は隠れた主役級の働きをするトコトリエノール型の天然ビタミンE

 ビタミンEは様々なサプリメントに配合されています。その主な目的はソフトカプセル内の成分の防腐剤(抗酸化)。ビタミンEと一言でいっても実は8種類存在します。上述で使われる一般的なビタミンEは、安価な「化学合成されたトコフェロール型」が主流です。一方でサイマクは防腐剤目的ではなく、①細胞膜形成の主原料であり、②身体の抗酸化・抗炎症、③血流改善を目的とするため、一般的なビタミンEよりも効果が高い「トコトリエノール型」を採用し、そのなかでも複合効果を発揮するために「α-,β-,γ-,δ-」の4種類のトコトリエノールが含有されています。細胞膜の基板素材に化学合成品が使われることを避けるため、希少な天然・非遺伝子組み換え型を取り入れております。サイマクEにとって実はエース級の素材といえます。

6種のオーガニック原料から必要なビタミン,ミネラルを配合

 『サイマクE』の各有効成分が存分にチカラを発揮するために、サポート成分をバランスよく配合。天然型・非遺伝子組換えのハーブ原料(グアバエキス、ホーリーバジルエキス、セスバニアエキス、レモン皮エキス、アムラエキス、ベニノキ種子エキス)だけを集め、配合しています。

良い成分だからこそ体内での吸収効率を高めたい

 『サイマクE』には、黒胡椒から抽出したピぺリンとココナッツから抽出したMCTオイル(中鎖脂肪酸)を配合することにより、栄養の吸収効率を高める工夫を施しています。ピペリンは同時摂取する成分の吸収効率を130%まで高めるという検証データも出ており、『サイマクE』だけでなく、一緒に摂取する他サプリメントの吸収効率まで高めます。

全て非遺伝子組換え素材を国内のGMP認定工場にて製造

 サイマクは安心安全にこだわり、原料は非遺伝子組換えのみで構成し、国内最高基準であるGMP認定工場(外部委託)にて製造を行っております。

商品詳細

〔原材料〕EPA(エイコサペンタエン酸含有精製魚油(さばを含む)、加工油脂、ヘマトコッカス藻抽出物、アセロラ、トコトリエノール含有米抽出物、グアバエキス、ホーリーバジルエキス、セスバニアエキス、レモン皮エキス、アムラエキス、ベニノキ種子エキス、黒コショウ抽出物、ゼラチン、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ
〔剤 型〕ソフトカプセル
〔目安量〕1~6粒を目安。体調や症状により増減頂いても問題ありません。
〔栄養成分〕(1粒あたり)EPA 117mg、アスタキサンチン 1mg(アスタキサンチンオイルとして20mg)

高濃度γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸、GLA)サプリメント サイマクGについてはこちら

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E

  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • まずは「おためしモニター」はこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら