効率のよい栄養摂取のタイミング

◆食事の間隔で身体への負担を軽減

食事のタイミングは朝・昼・晩の1日3食が一般的ですが、時間だからと無理に食事をする必要はありません。
食後胃に入った食べ物を消化して、脂肪を燃焼させるまでには約3~5時間かかると言われています。
そのため胃の中の食べ物が完全に消化され、脂肪を燃焼し終える約4~6時間の間隔を空けてから、次の食事を摂るようにしましょうすると体への負担が軽減されます。

食事の間隔が3時間未満の場合は、まだ食べ物が消化しきれておらず、内臓に負荷がかかってしまいます。負荷をかけ続けて、内臓機能が低下してしまうと栄養の吸収の妨げになるので気をつけましょう。
また、逆に7時間以上空けて血糖値が下がり過ぎた状態での食事は、食後に血糖値が急上昇し、大量のインスリンが分泌されてしまいます。インスリンは余った糖を脂肪に変え蓄える働きがあるので、大量に分泌されると太りやすくなり、糖尿病のリスクも上がってしまうのでこちらも注意が必要です。
ただし、消化時間には個人差もあり、食事内容にもよりますので、空腹感を感じたら食事の合図とするのがよいでしょう。そうすることで内臓への負担が減り、栄養の吸収もスムーズに行えます。

◆効率よく栄養を吸収する「3つの時間帯」

食事を摂る間隔を踏まえた上で、さらに体の仕組みに合わせた時間帯と食事方法を意識してみましょう。胃腸への負担が減り栄養の吸収もUPします!さらに体内毒素の排出も促すことができるので、時間帯の意識もとても重要です。

【明け方4時~お昼の12時】

この時間帯は体内の毒素を排出する時間帯なので、無理に食事をする必要はありません。その代わり水分補給はしっかり行いましょう。
前の食事から時間がだいぶ空いているかと思いますので、空腹感があれば、肉や魚はなるべく避け、果物を摂るようにするとよいでしょう。果物は、空腹時に食べた場合速やかにエネルギー化されるため、中性脂肪になりづらく、豊富な食物繊維で膨満感を与え、食べ過ぎ予防にもなります。
また、水分は冷たいものよりも常温や白湯にすると内臓機能を高めて、毒素の排出をより促してくれます。

【お昼の12時~夜の20時】

ここではしっかりと栄養補給をしましょう。
エネルギーとなる炭水化物(ごはん・パン・麺類)やたんぱく質(肉・魚)を野菜と一緒に摂るよう心がけましょう。炭水化物とたんぱく質を同時に摂取する必要はないので、お昼は野菜たっぷりのサンドウィッチ、夜はステーキとサラダなど、分けて摂っても全く問題ありません。

【夜の20時~明け方4時】

この時間帯はなるべく食事は控え、体を休ませましょう。
体が栄養を吸収し、組織を修復する時間帯です。ここでも水分補給のみが好ましいですが、空腹感がある場合は、①同様に果物などを摂るとよいでしょう。

本来しっかり摂りたい食事。ただ、どうしても食欲がない時には、生きていくのに必要な栄養素のみを効率よく摂取し、体への負担を軽減するのも夏バテ予防の一つです。
また、暑いからと冷たいものばかり食べていては内臓機能を低下させてしまいます。極端に冷たいものは避け、体を冷やす食材や温める食材などを意識しするとさらに良いでしょう。

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら