ホルモンバランスだけが原因じゃない!?更年期障害の隠れた原因『慢性炎症』と改善法

◆更年期障害とホルモンバランス

女性の多くは、50歳前後で生理(月経)が止まる「閉経」を迎えます。閉経をはさんだ前後5年の約10年間を「更年期」と呼んでいます。閉経する年齢については個人差が大きく、早い人で40歳台前半、遅い人で50歳台後半となっています。

この時期、女性の体内ではエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが急激に減少します。エストロゲンが減少すると、ほてりと発汗(ホットフラッシュ)、冷え、イライラ、めまい、動悸、息切れ、頭痛、疲労、不安、不眠、憂うつ感などのさまざまな体調不良を引き起こします。
更年期のエストロゲン減少によって引き起こされるこれらの体調不良を総称して「更年期障害」と呼びます。

更年期障害は女性特有のものと考えられてきましたが、最近では男性でもテストステロンという男性ホルモンの減少で同様の症状が引き起こされることがわかってきています。
男性の更年期障害は正式な名称では「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」と呼び、女性の更年期障害よりも発症年齢が幅広いことが特徴です。

◆更年期障害の治療法

・ホルモン補充療法
(HRT:Hormone Replacement Therapy)

体内で不足したホルモンを薬で直接的に補充する方法。健康保険も適用されます。不正出血、乳房のハリ、下腹部の痛み、子宮体がんリスクや乳がんのリスクを上げる副作用が出ることもあるので、医師としっかり話し合いながら治療を進めていくことが重要です。

・その他薬物療法

乳がん、子宮がん、血栓症の治療薬を処方されている人、または脳卒中や心筋梗塞を起こしたことのある人などはHRTを行うことができません。
こういった場合は症状によって漢方薬や抗うつ薬を使用することが多いようです。こちらも医師と相談しながら治療を進めていく形になります。

・食事療法

減少したホルモンを食事で積極的に補っていく方法。薬物療法と異なり副作用の心配がなく、自然な形でホルモンバランスを整えていくことができます。

大豆に多く含まれる「イソフラボン」は腸内細菌によって形を変えることでエストロゲンと似た働きをします。納豆、豆腐、豆乳などの大豆食品で積極的にイソフラボンを摂取していきましょう。

男性の場合はテストステロンの生成を補助する「亜鉛」を摂取していくのが有効です。亜鉛は牡蠣や魚介類、海藻類、ナッツ類、レバーに多く含まれます。また、亜鉛は体内に吸収されにくい成分ですが、ビタミンCと一緒に摂取することで吸収が促進されます。

◆更年期障害と慢性炎症

上記の治療法は減少したホルモンを補うことが目的ですが、人によっては思うような効果が得られないこともあります。
ホルモンを補っても効果が見られない場合、【慢性炎症】が原因の可能性があります。

炎症とは、病原体や有害物質に対して免疫系が引き起こす自然免疫反応の一部ですが、問題なのは慢性的な炎症。
慢性炎症とは明確な原因がないままにだらだらと続く炎症反応のこと 。慢性炎症で脳がダメージを受けると誤作動を引き起こしやすくなります。
本来は身体の防御反応であるはずの痛みやだるさが、身体に異常がないのに感じられてしまう。この脳の「誤作動」が自律神経失調症を引き起こしてしまうのです。

慢性炎症自体が新しい概念であるため、慢性炎症度の計測方法はまだ確立されていません。
しかし、慢性炎症は最近の医学界でも注目されている新事実で、脳の慢性炎症はうつや慢性疲労症候群と深い関りがあることが示されています。

    『慢性疲労症候群と脳内炎症の関連』理化学研究所・大阪市立大学→報道資料
    『「脳の炎症」を防げば、うつは治せる』最上悠先生(精神科医)著→Amazon
    慢性炎症についてのコラムはこちら

◆細胞膜の健全化で「慢性炎症」を改善

「慢性炎症」を改善するにはどうしたら良いのでしょうか?重要なのは細胞膜の改善です。

慢性炎症の原因の1つはいわゆる細胞の誤作動です。細胞内と外界の物質のやり取りを担う細胞膜を正常化することで細胞の誤作動を防ぎ、不要な炎症を防ぐことができます。

以下、細胞膜を改善する方法を紹介します。

①細胞膜を柔軟にする食生活

必須脂肪酸の「EPA」「γ-リノレン酸」には細胞膜を柔軟にする働きがあります。EPAはサバなどの青魚に多く含まれます。γ-リノレン酸は食事から直接摂取することが困難なため、サプリメントでの摂取がおススメです。
逆に血流を滞らせ、炎症を引き起こす作用のあるアラキドン酸は過剰摂取を避けてください。アラキドン酸は肉や卵に多く含まれます。

元来日本人は魚を多く食べる民族でしたが、近年は食生活の欧米化(肉食化)でアラキドン酸を過剰摂取気味。よくオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は1:4のバランスで摂るのが良いと言われますが、これはEPAから生成される抗炎症物質とアラキドン酸から生成される炎症物質のバランスを保つためです。
ただ、同じオメガ6脂肪酸でもγ-リノレン酸は抗炎症物質を生成するので、積極的に摂取していきたいところです。こちらは一般的な食事から摂取することは困難なので、サプリメントで補っていきましょう。

また、γ-リノレン酸とEPAにはホルモンバランスを整える影響もあります。更年期障害にとっては一石二鳥の栄養素であるといえます。

②規則正しく、ストレスの少ない生活

不規則な生活リズムや強いストレスも細胞膜硬化の原因となります。毎日の安定した睡眠を軸とした規則正しい生活を心がけましょう。
大きなストレス要因がある場合には、今の環境を思い切って変えてみましょう。

③適度な運動

血液細胞の流動性を上げるには適度な運動も不可欠です。摂取した栄養を適度な運動で全身に届けていきましょう。
運動といっても激しい運動をする必要はありません。軽いウォーキングやラジオ体操程度でも十分。少しずつできる範囲で始めていきましょう。
運動をすることによって筋肉から「マイオサイトカイン」という炎症を鎮める物質が分泌されることもわかってきています。

更年期は誰にでも訪れるものですが、その性質上なかなか周りに相談しづらいという部分もあります。
食事療法など自分でできることはやってみつつ、どうしても症状がつらい場合には恥ずかしがらずに専門家に相談しましょう。

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら