細胞膜を柔軟にして高血圧を根本改善

◆そもそも血圧ってなに?

健康診断で血圧が高いと注意しましょうと言われます。また、毎日血圧の測定を欠かさないという方もいらっしゃるかと思います。
しかし、そもそも血圧とは何なのか?なぜ血圧が高いと良くないのか?実は詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

血圧とは、血液が血管を通るときに血管内にかかる圧力のこと。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(最高血圧)と呼び、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(最低血圧)と呼びます。血液の粘度が上がったり血管が硬くなると、それだけ強い力で血液を押し流す必要があるため、血圧は高くなります。高血圧状態が続くと様々な疾患の原因となります。

◆危険な高血圧…具体的なリスクは?

高血圧は良くないと言われますが、具体的に何が良くないのでしょうか?高血圧状態が続くと、血管は内側からの圧力に耐えるため、次第に厚く、硬くなります。これがいわゆる動脈硬化と呼ばれる状態。
動脈硬化は脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心不全、不整脈、動脈瘤、腎不全、認知症…など様々な疾患の原因に。脳梗塞や脳卒中などの脳血管障害は深刻な後遺症を残すことも多く、注意が必要です。

また、動脈硬化が起こると血液が流れにくくなるため、血圧はさらに上がってしまいます。こうして、高血圧→動脈硬化→さらなる高血圧という負のループにはまってしまうわけです…

◆降圧剤の治療効果

基準値を大幅に超えた高血圧の場合、脳梗塞や心筋梗塞などを予防するために降圧剤を服用する必要があります。しかし、降圧剤は高血圧を根本改善するものではありません。降圧剤はあくまで対症療法であり、無理やり血圧を下げている状態ともいえます。身体の状態が改善したわけではないので、降圧剤を飲むのをやめてしまうとまた高血圧状態に逆戻り。

また、無理やり血圧を下げるのですから、副作用が出ることも。脳梗塞、頭痛、むくみ、動悸、空咳、血糖値の上昇・糖尿病の悪化…などなど。病気の予防のために飲んでいる降圧剤で逆に病気になってしまうのでは本末転倒です。

◆高血圧の原因とは?…難しい根本改善

高血圧の原因は、遺伝、塩分のとりすぎ、動物性脂肪のとりすぎ、アルコールの過剰摂取、喫煙、運動不足、肥満、ストレス、過労、加齢による血管の老化、と多岐に渡ります。また、高血圧の方の90%以上が原因を特定できない本態性高血圧といわれています。

そのため、血圧を下げるために減塩の食事を何年も続けたのに全く効果がなかった…ということもしばしば。
では、対症療法ではなく高血圧を根本的に改善するにはどうしたら良いのでしょうか?そのカギは細胞膜にあります。

◆細胞膜を柔軟にして血圧を正常化

細胞膜とは、人体に数十兆個あるといわれる細胞の内外を隔てている膜のこと。赤血球・白血球などの血液細胞は自分の直径よりも細い毛細血管をくぐりぬけていく必要があります。
細胞膜が柔らかければ細い隙間にも変幻自在に入っていけますが、硬ければ血管の壁に引っかかってしまうことに。細胞膜が硬くなって血流が滞ると、心臓が血液を強く流そうとするために血圧が上がってしまいます。逆に言うと、細胞膜を柔らかくすれば血流はスムーズになり、血圧は正常化されます。

では、細胞膜を柔軟にするにはどうすれば良いのでしょうか?以下、細胞膜を改善する方法を紹介します。

①細胞膜を柔軟にする食生活

必須脂肪酸の「EPA」「γ-リノレン酸」には細胞膜を柔軟にする働きがあります。EPAはサバなどの青魚に多く含まれます。γ-リノレン酸は食事から直接摂取することが困難なため、サプリメントでの摂取がおススメです。
逆に血流を滞らせ、炎症を引き起こす作用のあるアラキドン酸は過剰摂取を避けてください。アラキドン酸は肉や卵に多く含まれます。

元来日本人は魚を多く食べる民族でしたが、近年は食生活の欧米化(肉食化)でアラキドン酸を過剰摂取気味。よくオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸は1:4のバランスで摂るのが良いと言われますが、これはEPAから生成される抗炎症物質とアラキドン酸から生成される炎症物質のバランスを保つためです。
ただ、同じオメガ6脂肪酸でもγ-リノレン酸は抗炎症物質を生成するので、積極的に摂取していきたいところです。こちらは一般的な食事から摂取することは困難なので、サプリメントで補っていきましょう。

また、細胞膜の材料となるアスタキサンチン 、これらの栄養素の働きをサポートするビタミンCやE 、B 群を合わせて摂取するとより効果的に細胞膜を柔軟にしていくことができます。

②規則正しく、ストレスの少ない生活

不規則な生活リズムや強いストレスも細胞膜硬化の原因となります。毎日の安定した睡眠を軸とした規則正しい生活を心がけましょう。
大きなストレス要因がある場合には、今の環境を思い切って変えてみましょう。

③適度な運動

血液細胞の流動性を上げるには適度な運動も不可欠です。摂取した栄養を適度な運動で全身に届けていきましょう。
ただし、血圧が高い場合には急激な運動は禁物です。軽いウォーキングやラジオ体操程度など、少しずつできる範囲で始めていきましょう。

血圧を正常化していくには普段の生活習慣の改善が非常に重要です。
塩分を減らす、禁酒、禁煙するといった単一の対策ではなく、細胞膜レベルから考えて生活を見直すことで高血圧を根本から改善していきましょう。

◆血圧の数値について

ここまで高血圧のリスクと改善法について書いてきましたが、そもそも血圧の数値がいくつ以上ならば「高血圧」なのでしょうか?
日本高血圧学会の基準では最高血圧140mmHg以上または最小血圧90mmHg以上を高血圧としています。また、最高血圧130mmHg以上または最小血圧85mmHgになると要注意であるとされます。
しかし、以前は高血圧の基準は180mmHg以上でした。なぜ50mmHgも引き下げられたのか?
これに関しては様々な意見がありますので、ここで詳細に触れることは避けます。

1つはっきりと言えることは私たちの目的は血圧の数値を引き下げることではなく、病気にならずに健康な生活を送ることであるということです。
血圧は年齢を重ねるごとに高くなっていくことが普通であり、数値の変動に一喜一憂してもあまり意味がありません。
それよりも大切なことは、日々の生活習慣で小さな改善を重ね、血圧(血管)も含めた全身の健康を目指していくことです。
細胞は人体の最小単位であり、それ故に細胞膜の健全化による影響は血圧の正常化のみにとどまらず、数多くの良い作用をもたらします。
細胞膜の健全化という観点で今一度ふだんの生活を見直してみて頂ければ幸いです。

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら