自律神経の乱れから起こる寒暖差アレルギーとは?

なにかと体調を崩しやすい季節の変わり目。
夏は冷房などで乱してしまう自律神経ですが、気温が安定しないこの時期にも乱れやすいので要注意です。季節の変わり目には鼻水やくしゃみが止まらない…。そんなあなたは「寒暖差アレルギー」を起こしているかもしれません。

◆自律神経の乱れから起こる「寒暖差アレルギー」

寒暖差アレルギーと言っても、通常のアレルギーのような「アレルゲン」があるわけではありません。寒暖差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎で、医学的には血管運動性鼻炎の一種とされています。寒暖差が7度以上になると起こしやすくなるので、気温の安定しない季節の変わり目には注意が必要です。

主な症状は、透明な鼻水が出る、鼻づまり、くしゃみ、せきといった風邪に似た症状で、発熱することはほとんどありません。ただ、これは寒暖差による体への負担(ストレス)から自律神経が乱れてしまうことが原因なので、人によっては下記の症状を引き起こす場合もあります。

  • ・頭痛
  • ・蕁麻疹
  • ・身体のかゆみ
  • ・食欲不振
  • ・疲れやすい
  • ・イライラ
  • ・睡眠障害

特にストレスを感じやすい方やストレスを溜めやすい方は、寒暖差アレルギーを起こしやすいので気をつけましょう。

◆寒暖差アレルギーの対処法とは?

寒暖差アレルギーは、通常のアレルギーや風邪と違って主な治療法がありません。原因は自律神経の乱れですので、乱れた自律神経を整えていくことが重要となります。

体温調整を司る自律神経は、温度差による血流悪化が原因で乱れやすくなりますので、体を温める、適度な運動などはもちろん、場合によってはストレスと上手く付き合うことが必要になります。また、症状がひどい場合、対処療法として服薬で症状を抑える治療を行うこともあります。その時は医師としっかり相談し、長期服薬での身体への負担なども考慮しながら対処していくとよいでしょう。

◆自律神経を整えるのに必要な栄養素

血流が悪化してしまうことで自律神経は乱れてしまいますので、日頃から血流改善を促す栄養素を摂取することも、自律神経を整えるのに非常に効果的です。自律神経を乱れづらくすることで、寒暖差に負けない体づくりを心がけましょう。食事でなかなか摂取できない栄養素は、サプリメントを活用し、しっかり摂取するのをおすすめします。

①γ-リノレン酸

細胞膜を整え、慢性炎症を鎮めるだけでなく、毛細血管レベルで血流を改善する働きがあります。

②抗酸化物質(カロテノイド類やポリフェノール類、コエンザイムQ10やアルファリポ酸など)

酸素によって日々酸化してしまう体。酸化に伴ってサビてしまった細胞からサビを取り除くことで、血液の循環がスムーズに行えます。

③ビタミン

抗酸化作用のあるビタミンCはもちろん、ビタミンEやビタミンB類も体のホルモンバランスを整え、血流改善を促します。

④マグネシウム

血液循環を維持するために必要で、神経の興奮を抑え、血圧を調整してくれる働きがあります。また、筋肉の収縮などの非常に重要な働きにも関わっています。

「冷えは万病のもと」。決して冷えを侮ってはいけません!血流が悪化し、自律神経を乱してしまうことで様々な症状を招いてしまいます。また、冷えは体だけでなく、心にも大きな影響を及ぼします。心身ともに健やかな毎日を送るためにも、冷えない(冷やさない)身体づくりを日々心がけましょう。

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら