つらい自律神経失調症…原因と対策は?

◆自律神経とは

◎自律神経ってなに?

私たちの身体は、気温の変化や精神的ストレスなど外からの刺激に対して、体内の状態を一定に保とうとする働き(ホメオスタシス)があり、その役割を担っているのが自律神経です。

自律神経は呼吸、血圧、発汗、排尿、排便など、身体中の機能を活発にしたり(交感神経の役割)、または逆に抑えることで(副交感神経の役割)、生命のバランスを維持しています。そのため、自律神経が乱れると身体のバランスを崩し、あちこちに不調が出てしまうのです。

◎自律神経失調症が乱れると…

自律神経が乱れ、いわゆる自律神経失調症になると、下記のような様々な体調不良(不定愁訴)が起こります。以下で当てはまる症状がいくつあるか数えてみてください。

  • ・夜寝付けない、何度も目が覚めてしまうといった不眠症状
  • ・日中の慢性的な眠気
  • ・慢性的な疲れやすさ、だるさ
  • ・急な頭痛
  • ・頻繁にあるめまい・ふらつき
  • ・常に耳鳴りが気になる
  • ・季節に関わらない冷え性
  • ・慢性的な口臭
  • ・動悸、息苦しさ、胸痛が頻繁に起こる
  • ・急なのぼせ、下半身は冷えているのに頭の方は熱い
  • ・慢性的な便秘、下痢、腹痛
  • ・食事の際などに頻繁に吐き気が起こる
  • ・残尿感、頻尿
  • ・首・肩のこり、腰痛
  • ・血圧が高い、あるいは急に不安定になる
  • ・手足のしびれ
  • ・風邪をひいているわけではないのに微熱が続く
  • ・急に鼻血が出る
  • ・感情的になりやすい
  • ・急に不安感に襲われる、パニック障害
  • ・やる気、気力が出ない、うつ

 
上記の中で4つ以上の症状に当てはまる方は自律神経失調症が疑われます。

自律神経失調症が原因で現れる症状は病院で様々な検査を行っても異常がないと診断されてしまうことが多くあります。
また、それぞれの症状に対して効果が証明されている薬(医薬品)を飲んでも全く効果が見られないといったこともあります。
それどころか強い薬の場合には副作用でさらなる体調不良を招いてしまうことも…
原因がわからないという不安感、こんなに苦しいのになんでわかってくれないんだ、といったストレスがさらに体調不良を悪化させてしまうこともあります。

 

◆自律神経失調症の原因と対策

明確なメカニズムについてはまだわかっていないことも多いですが、自律神経失調症の原因は大きく分けると、①ストレス、②身体的原因、③生活習慣、④食生活が挙げられます。

◎ストレス

何らかの原因で精神的に強いストレスがかかると交感神経が優位になり、身体が緊張状態となります。
これ自体は正常な働きなのですが、長くストレス状態が続くと常に身体が緊張しっぱなしとなってしまい、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経失調症となってしまうことがあります。

ストレスの原因としては様々ありますが、多いものとしてはやはり人間関係が挙げられます。
夫婦関係、親子関係、育児、恋愛、仕事、学校などで強いストレス状態が一定期間続くと自律神経を乱しやすくなるので要注意です。

対策としてはまず、ストレスの原因を解消することが最優先です。環境を変えることなどですぐに断ち切れるものであればなるべく早く断ち切りましょう。
とはいえ、親子関係や夫婦関係などの家族関係、場合によっては職場や学校の人間関係なども簡単には断ち切れない場合もあります。
可能な範囲で状況を変える術を考えてみるのが良いでしょう。

◎身体的要因

身体の歪みなどの身体的要因によって自律神経が乱れることもあります。
もともとの身体の歪みによるダメージが積み重なることで自律神経が乱れていってしまう場合と、交通事故や手術などの何らかの外傷によって身体のバランスが崩れて自律神経が乱れてしまう場合があります。
首のこりと自律神経失調の間にも密接な関係があることが指摘されています。

身体的要因が原因の場合にはその原因を除去することが一番の解決策です。
例えば、身体の歪みが原因であれば整体で歪みを治してもらうといったことが一番の対策になります。

◎生活習慣

不規則な生活習慣も原因となります。なかでも特に重要なのが睡眠。睡眠の質が低下すると自律神経失調症を発症しやすくなります。
さらに、自律神経失調症になると体調不良や不安で夜寝付けなくなってしまい、さらに症状を悪化させてしまうという悪循環に陥ります。

この場合、規則正しい生活を心がけることが一番の対策になります。規則正しい睡眠、食事を中心に極力一定のリズムをもって生活するようにしましょう。
朝風呂や一定の時間に仮眠をとるなど自分独自のリズムがあればそれを続けていくのも効果的です。一定のリズムを身体に覚えさせることで自律神経が正常に働きやすくなります。
仕事などの関係で昼夜逆転の生活をしている方は特に気を付けましょう。人間の身体はもともと朝起きて夜寝るようにできているので、昼夜逆転の生活はそれだけで自律神経を乱す原因になります。
とはいえ、すぐに生活を変えるわけにはいかないという場合もあるかと思います。そういった場合には昼夜逆転の中でも極力規則正しいリズムで生活することを心がけつつ、可能な範囲で昼型の生活リズムに近づけていく努力をしましょう。
普段の習慣という意味では、PCやスマートフォンの長時間使用や過度の飲酒や喫煙も自律神経の乱れに繋がるといわれているので注意しましょう。

◎食生活

自律神経失調症の原因の中でも特に大きな要因として挙げられるのが食生活の偏りです。
特に現代人は食生活の欧米化やコンビニ、インスタント食品の普及で、人体に必須のビタミン、ミネラルが不足し、糖質に偏る傾向があります。
ビタミン・ミネラルを多く含む野菜は特に不足しがちですので、意識的に摂取していきましょう。

また、注目すべき成分が「必須脂肪酸」です。
一般的に「脂肪」というとネガティブなイメージがありますが、人体に不可欠なものもあり、その働きは様々です。
近年特に重要視されているのがEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)をはじめとするオメガ3脂肪酸です。
特にEPAは血流の改善効果や抗炎症効果があるといわれています。
EPAが不足すると血流の低下や慢性的な炎症を引き起こし、身体の全体的な機能低下、ひいては自律神経失調症で見られる諸症状を引き起こす可能性があります。
実際、多くの研究で、自律神経失調症によく似た症状を呈するうつ病に対してEPAを中心とするオメガ3脂肪酸による改善効果が示されています。

参考→『魚介類・n-3不飽和脂肪酸摂取とうつ病との関連について』(国立がん研究Webサイト)

オメガ3脂肪酸はサバなどの青魚に多く含まれています。魚が苦手という場合はサプリメントで摂取するのも一つです。

そして、EPAやDHAほど有名ではありませんが、それ以上のポテンシャルを持っている成分として注目なのがオメガ6脂肪酸に属するGLA(γ-リノレン酸)です。
GLAもEPAと同様に血流の改善効果や抗炎症効果があるといわれています。
GLAは通常リノール酸から生成されますが、リノール酸の過剰摂取は逆にGLAの生成を阻害することがあるため、バランスが難しく特に不足しがちな栄養素です。
また、食事から直接摂取することが困難なため、サプリメントでの摂取が最も適している成分の一つといえます。
不足しやすいという意味ではオメガ3脂肪酸以上に重要な存在であるともいえます。

これとは逆に、血流を滞らせ、炎症を引き起こす作用のあるアラキドン酸(オメガ6脂肪酸)は要注意です。アラキドン酸は肉や卵に多く含まれます。
来日本人は魚を多く食べる民族でしたが、近年は食生活の欧米化(肉食化)でアラキドン酸を過剰摂取気味。
現代病と言われる自律神経失調症やうつ病が増加したのも、食生活の変化により引き起こされた血流低下や慢性炎症が大きな要因となっている可能性があります。

自律神経失調症は長年苦しんでいるという方も多く、病院に行っても完治しづらいものの一つです。
病院の治療や薬で満足のいく効果が得られていない場合は、食生活を中心に改めて生活習慣を見直してみるのも一つです。

 

監修者:健美総研 主任研究員 心理学博士(Ph.D.) 菊池健

 

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら