よくあるご質問

サイマクに関するよくあるご質問をまとめました。
これまでにも数多くのご質問を頂戴しておりましたので、その内容を遡って、
こちらのコーナーにて、随時アップして参ります。
また、こちらでもご不明な内容については、ぜひお気軽にお問合せ頂けると幸いです。


1.モニター参加&商品購入前のご質問

1-①複数モニターに参加しても大丈夫ですか?

⇒ いいえ、モニターは1世帯様1回限りで、複数のモニターを重複してご応募いただくことはできません。不正申込や転売防止の観点からもご理解頂きますようお願い申し上げます。

1-②子供でもモニターへ参加することはできますか?

⇒ 未成年の方だけでのご応募はご遠慮頂いております。また、未成年の方を対象としたモニター募集は特に行っておりませんが、状況をお聞きして判断させて頂きますので、保護者の方からご連絡頂きますようお願い申し上げます。

1-③モニターを家族やお友達に勧めてもよいですか?

⇒ ありがとうございます。ぜひお願いしたいのですが、モニターは1世帯様1回限りとなるため、別世帯にお住まいであることが条件となります。同様に別世帯にお住まいのお友達であれば問題ありません。

1-④モニター期間中は、お薬や他サプリを飲まない方がよいですか?

⇒ いいえ、むしろ逆で、特にモニター期間中は、これまで飲んでいるお薬や他のサプリは、変えずにそのままお飲みください。自己判断での減薬・断薬はお勧めできません。

 モニターという特性においても、今までと変わらない状況に【サイマクだけを追加した状態】でないと、何の影響だったのか分からなくなってしまう可能性もあります。

 モニター後に、他のサプリメントを減らしたり、止めたりすることは問題ありませんが、減薬・断薬については、かかりつけの医師・薬剤師へご相談ください。

1-⑤モニター後に商品購入しないといけませんか?

⇒ いいえ、もちろんそういったことはありませんのでご安心ください。モニターを通じて商品購入に繋がるのは嬉しいことですが、モニターそのものは、良い実感の確認だけでなく、実感が得られなかったお声を頂戴し、分析するのも重要な役割となっております。そのため、購入可否は気にせずに飲み終わり後のアンケートへご協力頂けると幸いです。

2.商品発送やお支払い方法の変更について

保護中: 2-⑧webでの購入方法がよくわかりません。

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2-①定期コースのお届け日を変更してほしいのですが可能ですか?

⇒ はい、可能です。お手数おかけしますが、電話(0120-790-939)またはメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。

2-②飲み余ってしまっていて、次回のお届けを遅らせることは可能ですか?

⇒ はい、可能です。お手数おかけしますが、電話(0120-790-939)またはメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。

 例:10日(15日、30日)ずらし、以降はそのままスライドさせて1ヶ月ごとのお届け

2-③1日2粒ずつ飲むようにしたいのですが、定期コースのお届け頻度を45日間隔にすることは可能ですか?

⇒ はい、可能です。お手数おかけしますが、電話(0120-790-939)またはメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。

 例:1ヶ月間隔⇒45日間隔、60日間隔など

2-④定期コースの商品は途中から変更できますか?

⇒ はい、可能です。特に縛りはありませんので、どのタイミングでも変更することができます。お手数おかけしますが、電話(0120-790-939)またはメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。

2-⑤クレジットカード払いなど、お支払い方法の変更は可能ですか?

⇒ はい、可能です。次回お届け分がまだ発送前であれば、次回お届け分から適用できます。お手数おかけしますが、電話(0120-790-939)またはメールにてお申込みくださいますようお願い申し上げます。

 なお、クレジット払いをご希望の場合は、原則としてセキュリティ用のWebフォームをご案内しますが、Web記入が困難な場合はお電話で承ることも可能ですのでお気軽にお申し付けください。

2-⑥不在が多く再配達手続きが面倒なので「玄関での受取なしのポスト投函」にしてほしいのですが可能ですか?

⇒ はい、可能です。その場合はヤマト運輸のネコポスというサービスでお届けします。玄関で受取サイン不要で、通常の郵便物と同じようにポスト投函されますので、不在がちな方や、受取に玄関へ出にくい方にお勧めです。

 なお、「サイマクG90&E90」×2セット以上の場合は、上記の袋タイプへの変換対応が不可となるため、通常の配達のみ(ポスト投函不可)となります。

2-⑦休眠制度とは何ですか?

サイマクを飲み続ける中で体調が良くなってきた、あるいは変化がないので飲むのをやめて様子を見たいといったこともあるかと思います。こういった場合に定期購入を停止してしまうと会員ランクがリセットされ、再開するときにはまた1回目からのスタートとなってしまいます。この時、休眠制度を利用すると次回発送日を直近の最終発送日から4ヶ月後まで延期することができます。延期した期間中に定期購入を停止するのか、やっぱり継続するのかをご判断頂く形となります。
例:前回発送が4月3日の場合は次回発送を8月3日に延期し、その間に停止するか、継続するかを判断

停止するかどうか悩まれているようでしたら、ひとまず休眠して様子を見て頂く形をお勧めいたします。なお、休眠制度では延期後の発送日に自動的に次回商品が送られますので、停止される場合は発送日前日までに必ずご連絡ください。

3.飲み方について

3-①どういった飲み方・時間帯が最も効果的ですか?

サイマクは健康食品ですので、お薬と違い特に飲み方や飲むタイミングの指定はありません。日常の生活リズムの中で飲みやすいタイミングでお飲みください。吸収効率の観点からは3食の食事中にお食事と一緒にお飲み頂くことをお勧めしています。

1日あたりの粒数は3粒が平均的ですが、こちらもお客様によって最適な量が異なります。色々試しながらお身体に合った飲み方を見つけていって頂ければ幸いです。

3-②ソフトカプセルの粒を飲み込むのが苦手なのですが、良い方法はありますか?

⇒ ソフトカプセルを口の中で割って中身だけ飲み、カプセルは吐き出す方法もあります。サイマクEはかなり癖のある味(苦味)なので、一度試してみてご判断頂けたらと思います。味的に問題なければ、口の中で割ってお飲みください。

それと補足ですが、ソフトカプセルを飲むコツとして、ご飯を食べている感覚で飲み込むと、喉が広がるために飲みやすくなります。

3-③効果が出過ぎて(効き過ぎて)いるようなのですが、どうすれば良いですか?

⇒これまでに不足していた栄養素群が一気に身体の中に入ってくると、思った以上に変化が現れることがしばしばあります。それは必ずしも心地よいとは限らず、時には頭痛やしびれ、かゆみ、眠すぎる、目が冴えてしまうなどの反応もあります。

そういった場合は、飲む量を減らしたり、飲むタイミングを変えて様子を見てみてください。お薬とは違いますので、飲む量もお好きなように増減させて問題ありませんし、飲む日と飲まない日を分けても問題ありません。

3-④飲む量(粒数)を増やした分、効果は上がりますか?

⇒ はい、基本的には上がります。副作用もありませんので、1日9~12粒ずつくらいまでは増やして頂いて問題ありません。3粒で実感レベルまで到達しないこともあり、その場合は粒数をご予算上ご無理のない範囲で増やして頂くことをお勧めしています。

しかし、ご自身が吸収できる上限量を超えてしまうと、体外へ排出されてしまい、けっして安いサプリメントではありませんので勿体ない状況となってしまう可能性もあります。必要量に関しては個人差がとても大きいため、判断が難しいところです。

迷った際は、お気軽にサイマクお客様センターの方へご相談頂ければと存じます。お客様の状況に合わせて総合的な観点からアドバイスさせて頂きます。

3-⑤飲む量(粒数)を減らしたら、効果も落ちますか?

⇒ はい、基本的には下がります。ただ、サイマクを飲んで一定期間が経過し、ある程度お悩みが解消している状況であれば、減らしてもよいかと思います。血液の細胞が生まれ変わるのは3~4ヶ月程度ですので、そこを一つの目安にして頂くことをお勧めします。

3-⑥だいぶ体調が落ち着いて安定してきたので、飲むのを止めても問題ありませんか?それとも元の体調に戻ってしまいますか?

⇒ お薬と違い、しばらくは良い状態を持続できると思いますが、けっきょくサイマクの成分をどこか別の形で補わないと、栄養不足となり、元に戻っていってしまいます。サイマクでせっかく実感が出ているのであれば尚更、全く止めてしまうのではなく、飲む粒数を減らすなどして、無理のない範囲で継続することをお勧めいたします。

一方で、負のスパイラルに陥っていた方が、サイマクによって本来あるべき状態まで改善したことで、後は生活習慣を気を付けることによって、サイマクを飲まなくても安定する方もいらっしゃいます。

個人差によるところが大きいですが、お薬のような依存性もありませんので、いきなり飲むのを止めたり・飲み始めたりしても問題ありません。体調安定後、しばらく飲むのを止めてみて、もし体調不良が出てきたなと思ったらそこからまた飲み始めて様子をみるといった具合でも良いかと思います。

3-⑦どのタイミングで飲む量を減らしていくことができますか?

⇒ 体調不良の改善が進む過程で、始めの頃は変化を実感していたのが、だんだん変化を感じなくなっていく時期に入ります。その段階から先は、改善ではなく、現状維持を目的にするという意味合いで、飲む量を減らすのも一つの考え方です。

そのタイミングについては個人差が大きく早い方だと1ヶ月以内、長い方で6ヶ月程度。血液の細胞が生まれ変わるのは3~4ヶ月と言われておりますので、そのあたりを一つの目安とするのも良いかと思います。

3-⑧経済的に、1日3粒ずつ飲み続けるのは厳しいのですが、何か良い方法はありませんか?

⇒できれば体調が安定するまでは推奨量3粒ずつを飲んで頂き、その後は段階的に2粒ずつ→1粒ずつと、粒数を減らしていくことをお勧めします。

また、サイマクGは1日2~3粒、サイマクEは1日1粒にするという方法もあります。さらに、最も廉価プランとしては、両方飲まず、例えばサイマクEのみに絞り、1日1粒だけ飲むという方法もあります。それでも一般的なEPA・DHAサプリメントより高品質・高含有ですのでそれなりに実感は期待できます。その場合は月額2,500円(+消費税)に抑えることが可能です。

4.薬や他サプリとの併用について

4-①薬と一緒にサイマクを飲んでも問題ありませんか?

⇒ サイマクは天然成分から作られた健康食品ですので、お薬や他のサプリメントとの飲み合わせは特に問題ありません。

4-②他のサプリメントと一緒に飲んでも問題ありませんか?

⇒ サイマクは天然成分から作られた健康食品ですので、お薬や他のサプリメントとの飲み合わせは特に問題ありません。

4-③EPAを他社サプリで摂取していますので、サイマクEはそちらに置き換えて問題ないですか?

⇒ サイマクEの主要成分はEPAですので、その点では問題ありませんが、いっけん成分が似ていても、実際はEPAの実質含有量や、根本的な元原料の違い(抽出魚種・産地・鮮度・状態など)、さらには他に配合されている素材とのバランスなど、様々な要素の違いから商品の性質は大きく異なってきます。

その点で一概に比較し難くはありますが、EPAの実質濃度だけで比較しても、サイマクEは1日1粒でも、他社EPAサプリ5,000円クラスの含有量があります。
経済的な観点から考えると、サイマクEの粒数を減らすというのも良いかと思います。

5.成分について

5-1.成分について(共通)

5-1-①「サイマクG」と「サイマクE」の違いは何ですか?

⇒ 両方とも必須脂肪酸を主原料として、方向性や基本的な働き方(※)は同じですが、例えばサイマクGは“プロスタグランジンE1”という抗炎症成分の元となり、サイマクEは“プロスタグランジンE3”という抗炎症成分の元となって、体内でそれぞれが単体で働く場合もあれば、互いに協力・相乗効果を発揮しながら働く場合もあります。特にどちらの方が効果的かは個人差が大きいようです。※基本的な働き方=①慢性炎症を鎮め、②細胞膜を整え、③毛細血管の血流を向上させること。

 ◆サイマクGは『高濃度GLA(低アラキドン酸)』+『ビタミンE(非遺伝子組換え)』というシンプルな構成で、シャープな働きを期待することができます。
 ◆サイマクEは逆に『高濃度EPA(低アラキドン酸)』を中心に豊富な原料の組合せで設計され、総合的な働きを期待することができます。

 この2つを組み合わせることで、それぞれ相乗効果で働きが高まるよう設計されております。しいてどちらか一つだけ飲みたいということであれば、現代の食生活では摂取の難しいサイマクGの方が実感しやすい可能性はあります。(G90単体よりも、G90+E30またはG30+E30をお勧めしております)

5-1-②他サプリよりも、アラキドン酸やリノール酸の含有量が少ないというのは、何か意味があるのですか?

⇒ サイマクG・Eともに、他のサプリメントと比較し、アラキドン酸やリノール酸の含有量をいかに少なくするか、という点で工夫されております。

サイマクは「高濃度かつ質の高いGLA・EPA」であると同時に、「アラキドン酸・リノール酸を低含有」にしているのも大きな特徴といえます。

7-1-④全て天然ですか?遺伝子組換えの原料は使われていますか?

⇒ はい、全て天然成分で、全て非遺伝子組換えに限定しています。当然ながら、残留農薬・放射線も産地レベルからこだわっておりますのでご安心ください。

 さらにサイマクEで使われるEPAは抗生物質が蓄積される養殖魚や、重金属が蓄積される大型魚類(カツオ・マグロ)由来の原料も一切使わず、クリーンな海域で水揚げされる小型魚類(サバ・イワシなど)から抽出しています。

5-2.成分について(サイマクG)

5-2-①γ-リノレン酸(GLA)はどういった食物に多く含まれますか?

⇒ボラージやカシス種子、月見草といった植物や魚や海藻などにも微量に含まれていますが、一般的な食生活での十分な量の摂取は現実的に困難です。
また、リノール酸からも生成されますが、リノール酸の過剰摂取は逆にγ-リノレン酸の生成や吸収を阻害するので注意が必要です。
食事からの摂取および体内での生成が困難ということで、サプリメントでの摂取が最も適している栄養素といえます。

5-2-②月見草やボラージ由来の安価なGLAサプリとは何が違うのですか?

⇒サイマクGに含有されているGLAは、一般的な月見草やボラージ由来のサプリの数倍~十倍含有換算。圧倒的に濃度が高くなっています。
それに加えて働きの強い微生物(藻類)由来のGLA(スーパーGLA)を用いています。
また、リノール酸濃度を極限まで低くすることでスーパーGLAが最大限に力を発揮できる設計となっています。

5-3.成分について(サイマクE)

5-3-③DHAではなくEPAの含有量にこだわるのはなぜですか?

よくサプリメントの成分表記で「DHA+EPA○○mg配合」という表示を見かけることがありますが、DHAとEPAには大きな違いがあります。EPAは体内でDHAに変換可能ですが、その逆にDHAはEPAに変換されません。
したがって、DHAの働きが必要な場合はEPAを十分に摂取していれば良いということになります。

原料単価は大幅にDHAの方が安いため、EPA+DHAの合算値で誤魔化そうとしてしまう傾向がありますが、サイマクEはEPA単独での含有量にこだわっています。

5-3-①EPA(エイコサペンタエン酸)はどういった食物に多く含まれますか?

⇒EPAはイワシやサバなどの青魚を中心とした魚介類に多く含まれます。
また、マグロやカツオなどの大型魚類は重金属や環境ホルモンが蓄積されるため、サバやイワシなどの青物小魚から摂取していくのがより望ましい形です。

5-3-②他の安価なEPAサプリとは何が違うのですか?

⇒よくサプリメントの成分表記で「DHA+EPA○○mg配合」という表示を見かけることがあるかと思います。DHAとEPAは同じオメガ3脂肪酸に分類され、一緒くたにされてしまうことも多くあります。
しかし重要なのは、オメガ3という流行語にくくられる「EPA+DHA」ではなく、「EPA単体の摂取量」で見ていく必要があります(7-3-①も参照)。
サイマクEはEPA単独で1日分(3粒)あたり350mgと非常に高濃度となっています。

また、サイマクEのEPAは世界でもピュアな海域といわれるメキシコ湾で水揚げされたイワシやサバから抽出しているため、重金属や環境ホルモン蓄積の心配はありません。
ま新鮮なうちにフランスの専門工場へ運ばれ、原料加工された鮮度の高い原料を用いています。こうして生産過程で身体に有害な不純物を極限まで排除しています。

さらに、サイマクEはアスタキサンチン、各種ビタミン類、ピぺリン、中鎖脂肪酸といった補助成分を配合することで最大限の効果を発揮するよう設計されています。

6.ご相談・お問合せについて

6-①商品(サイマクG・サイマクE)はどこで購入できますか?

⇒ 当社からの直接販売(通信販売)または、提携の病院(クリニック)や薬局にてお買い求め頂けます。病院(クリニック)や薬局では保険適用できない商品ですので、現実的には当社から直接ご購入頂くことをお勧めしています。

ご注文は、お電話またはメールでも承ります。また、購入サイトから直接購入も可能となっております。

6-②医師や薬剤師さんで満足いく相談ができていません。REDASのお客様相談センターでは、どのレベルまで相談してもよいものですか?

⇒ 当社は医療機関ではありませんので、病気の診察・診断や、お薬の解説や処方といったことはできません。

ただ、現在の状況を伺いながら一緒に考えていくことはできますし、ときには様々なアドバイスも可能です。

普段、病院や調剤薬局では、なかなかゆっくり先生のお話しを聞きづらいこともあると思いますが、当社のお客様(相談)センターの担当カウンセラーには心ゆくまでお話し頂ければと思います。

どれだけご相談頂いても相談料のようなものは一切無料です。私たちはお客様と一緒に考え、工夫し、改善していくことを最重要視しておりますので、遠慮なさらないでくださいませ。いつでもご相談をお待ちしております。

8-④電話やメール連絡をしないようにしてほしいのですが可能ですか?

⇒ はい、もちろん可能です。当社からはモニターヒアリングのためのご連絡や、情報提供、確認事項などの際にメールまたはお電話でご連絡させて頂くことがありますが、それらも全て停止することは可能です。ただし、どうしても確認しなければならない事項があった場合はご連絡させて頂きますことご了承くださいませ。

 前提として、当社は押し売りのようなことは一切しておりませんので、しつこい電話営業があった、というようなことはこれまでもご指摘頂戴したことはありませんが、電話でのお話しが苦手だったり、メールそのものが煩わしかったり、それらをご家族へ知られたくなかったりなどの諸事情につきましても、よくよく理解しておりますので、ご遠慮せず、お電話またはメールにてご連絡くださいませ。

7.その他のご質問

7-①商品の販売開始はいつからですか?

⇒ 商品として販売開始されたのは2015年秋からです(モニターはもっと前からになります)。既に正式販売中ではありますが、いまだに継続的なモニターテストを繰り返しながら今日に至っております。いずれ、より広範囲な販売強化をする予定もありますが、じっくりとお客様と向き合いながら、お客様との関係および商品を大切に育んでいきたい気持ちが強く、まだ現状のペースのまま進んでいく予定です。

7-②病院(クリニック)・薬局でも購入できますか?その際は保険適用になりますか?

⇒ はい、一部の病院(クリニック)・薬局でもご購入いただけます。保険適用にはなりませんので、定価での販売となります。

 また、まだ本格的な卸し提供をしていないため、全国でも取扱い店舗は限られております。なかなかお近くに取扱い店舗がないケースが多い状況ですので、特別な場合を除き、当社から通信販売にて直接お買い求め頂くことをお勧めしています。

 いずれ全国の病院(クリニック)・薬局へ本格的な提供開始を予定しておりますので、その際に改めてご案内させて頂きます。

7-③割引キャンペーンはやってないですか?

⇒ モニター協力謝礼割引や、2商品セット割引や、定期購入特典などご用意しておりますが、お買い求めやすさという点ではまだまだご不便をおかけしており、申し訳ございません。

 これまでは、実感モニターの検証を重視しておりましたことと、割引があるから購入するという類いの商品ではないと考えておりましたが、お客様から度々「継続的に摂取する上で価格面でももっと買いやすくして欲しい」というご意見を頂戴し、そこに向けての取組も真摯に行って参りたいと考えております。

 今後、直接お買い求め頂くメリットを活かした、様々な割引キャンペーンや特典をご用意して参ります。随時、ご案内いたしますので、楽しみにお待ちくださいませ。また、その際に、継続的に定期購入されているお客様は過去ご購入分を遡って特典適用させる予定です。

7-④商品を卸してほしいのですがどうすれば良いですか?

⇒ 当社は医療機関専門のサプリメント開発・提供会社のため、病院(クリニック)または薬局様限定でのご提供となります。また、商品知識・特性を正しく理解頂き、お客様へのカウンセリング体制が整っている医療機関様のみとさせて頂いておりますことご理解頂けますと幸いです。

 まだ本格的な卸し提供はしておりませんが、一緒に研究していって頂けるパートナーは募集しておりますので、ご関心お持ちの医療機関様は、一度ご連絡頂けると幸いです。

7-⑤もっと大々的に商品を売らないのは何故ですか?

⇒ 当社は売上規模を追求しておりません。サプリメントが一人歩きして売れても、果たしてご購入頂いたお客様を改善させられているのか、ご本人をご家族を幸せにできているのか、ということが不明瞭なままでは、当社が望む状況ではありませんので、時間がかかっても、じっくりと取り組んでいきたいと考えております。

 一方で、大規模販売することでスケールメリットにより商品価格を下げられるということもまた事実であり、私たちの自己満足に陥らないよう、少しでも多くの方の人生をよりよくしていることへ貢献するという意味では広範囲な販売も必要です。この点は真摯にとらえ、企業方針とも照らしあわせながら模索して参ります。

7-⑥子供向けで大きな改善事例があるようですが、なぜそこへ向けて打ち出さないのですか?

⇒ 現在のモニターは原則として未成年の方は対象外とさせて頂いているのですが、親御様からの強い意向があった場合限定で、これまでに未成年(特に小中高校生のお子様)にモニターとして商品提供させて頂いたことがあります。

 そこで目覚ましい成果を上げており、「お子様本人そして家族そのものの人生が前を向いて変わっていくのを感じる」というお手紙を頂戴するなど、たいへんご好評で、「サイマクはむしろ、苦しんでいる子供向けに提供するべきではないでしょうか」というご指摘・ご要望を度々頂戴しております。

 私たちも「お子様向けの提供」を開始したいという想いはとても強くあります。ただ、小規模の会社であるため、一つ一つの集中環境を崩さないために、じっくりと広げていっているのが現状です。できるだけ早い段階で取り組んで参りたいと存じます。

7-⑦商品名のサイマクとはどういう意味ですか?

⇒ 「細胞膜」に対する当社独自の略称です。細胞膜へアプローチするということに様々な意味を込めております。

 現代医学は目覚ましい進歩を遂げておりますが、それでも、脳を中心に人間の身体は複雑で、実はまだ1%も解明できていないと言われている程です。「心筋梗塞」という結果は分かっても、“なぜ心筋梗塞になってしまったのか”という根本的な理由の大半は分かっていません。根本的な原因が分からない病気や体調不良といえば、うつや自律神経、自己免疫疾患、アレルギー、偏頭痛、目の不調、めまい、耳鳴り、糖尿病、腎臓病、不妊等など、挙げていくとキリがありません。

 その中で少しずつですが最新科学・医学が解き明かしていっているものの一つが、細胞膜であり、慢性炎症なのです。私たちは細胞膜がもつ根本的な役割に注目し研究と実証を重ねて参りました。細胞膜をしっかり整えると同時に慢性炎症を鎮めることで、身体は驚く程に回復し、本来あるべき自身の状態を取り戻していくのです。