自律神経の乱れからくる冷房病(クーラー病)

夏に自律神経を乱し、身体の不調を訴える方が増えています。
その原因は「冷房(クーラー)」。女性はもちろん、夏は男性や子どもも気づかずに体調を崩してしまうというケースが増えているので気をつけましょう。

◆冷房(クーラー)病とは?

冷房(クーラー)病とは、冷房の影響によって繰り返される温度差が原因でなる自律神経の機能不全のことであり、正式な病名ではありません。本来、暑い季節になると血管を拡張させ、体内の熱を外に出そうと副交感神経が活発になりますが、冷房で体が冷えると、体温を逃がさないよう反対に交感神経が働き、血管を収縮させてしまいます。結果、血流は悪化し、それを繰り返してしまうことで自律神経の乱れを引き起こすのです。通常の冷え性とは違い、環境によって左右されます。また、自覚のないまま放置してしまい、悪化するケースも少なくありませんので、下記の症状のある方は注意しましょう。

<冷房病の主な症状>

  • ・全身がだるい、疲労感がある
  • ・鼻水、のどの痛みなど風邪に似た症状
  • ・手足の冷え
  • ・頭痛
  • ・肩こり、腰痛
  • ・食欲不振
  • ・下痢
  • ・むくみ
  • ・イライラ
  • ・不眠
  • ・肌荒れ
  • ・めまい

※悪化すると、発熱や吐き気といった症状まででることもあります。

◆冷房病の予防&改善策

本来、暑い季節を快適に過ごすための冷房。冷房を使わず、暑い中でずっと過ごしていては、逆に夏バテや熱中症を起こしてしまいます。では冷房病にならないようにするにはどう過ごせばよいでしょうか?予防と改善策をいくつかご紹介します。

① 冷房の温度設定

オフィスなど他の人もいる場所では難しいですが、自宅で温度設定をする場合は、外気温との差を-3~-5℃に留めるようにしましょう。気温差が大きいとその分、体へのストレスも大きくなってしまい、自律神経も乱れやすくなります。また、人それぞれ体感温度は異なりますので、「寒い」と感じない温度というのを基準にするとよいでしょう。そして、直接冷気に当たらない。また、冷房でなく除湿機能を活用してみるのもよいでしょう。

② 体を温める(外から)

温度設定などが自由にできない場所では、羽織やひざ掛け、腹巻やレッグウォーマー、時にはカイロなどを使用して、体が冷えすぎないようにしましょう。体を温める時には、外気の影響を受けやすい「首・手首・足首」をポイントに温めると、より効果的です。皮膚と大きな血管との距離が近く、効率的に体を温めることができます。また、汗をかいた時には放置せず、こまめに拭くよう気をつけましょう。汗をそのまま放置してしまうと、蒸発する際に体温が奪われてしまいます。

③ 体を温める(中から)

夏だからと冷たい飲み物や食事ばかりでなく、冷房の効いた室内では、なるべく暖かい飲み物や体を温める食材(ショウガなどの根菜類、発酵食品など)を摂るよう心がけましょう。

④ 運動や入浴で代謝UP

冷気は下の方に溜まりやすく、足先は心臓からも遠いので、足元が冷えてきたなと感じたら要注意です。立ち上がって少し歩いたり、軽いストレッチをするなど、なるべく体を動かし、血流改善を心がけましょう。体を動かすのが困難な場合は、つま先とかかとを交互に上げ下げするだけでも大丈夫です。また、普段から歩くことを意識し、足の筋肉を強化しておくとより代謝が良くなります。
入浴の際はシャワーだけで済まさずに、夏でもしっかり湯船に浸かることで、自律神経の機能改善になります。お湯の温度は熱すぎない38℃〜40℃で15分ほど浸かるのがおすすめです。

一般的に女性は男性に比べて筋肉量が少なく、体温を上昇させる機能が弱いことから、冷え性を起こしやすいと言われています。特にデスクワークの女性たちは冷房病にもなりやすく、ひざ掛けや羽織などで対策している人も多いのではないでしょうか。反対に、男性や子どもは冷えている自覚のないまま放置してしまっていることが多く、気づいた時にはかなり症状が悪化しているといったことも…。
自律神経が乱れた状態が続くと、様々な体調不良を引き起こすだけでなく、病気の原因にもなってしまいます。そうならないために、上記をしっかり意識してお過ごしください。

細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E 細胞膜に着目した安心&安全のハイスペックサプリメント サイマクG&E
  • お得な「スタートキャンペーン」はこちら
  • サイマクGお試しモニターはこちら
  • サイマクG&Eご購入はこちら